蓮舫氏街頭演説

4月19日(金)蓮舫氏による街頭演説を行います!

日時4月19日(金)18:00~
会場マルエツ佃店前

GREETINGごあいさつ

27歳新米ママ 国会議員秘書経験を活かし区政へ

かじがや優香

私は約4年間、参議院議員の秘書として国政に関わり、もうすぐ2歳になる息子を認証保育園に預けながら、働くママをしておりました。
妊娠中から保活を始めましたが、待機児童を経験…
若さを活かし、自らリアルママの声を区政へ届けなければ、と思い立ちました。
現在の中央区議会は、40代~70代の中高年で構成。そして、男性が女性の2倍以上を占めているのが現実です。そんな議会に私たち中央区民のリアルな声は届いているのでしょうか?
平成が終わろうとしている中で、議会に平成生まれがいないのはおかしくないですか?
私、かじがや優香が新しい風を吹かせます。

広報誌

POLICY理念・政策

次世代に安心して引き継げる中央区へ

待機児童ゼロへ、必要なときに預けられる環境

待機児童ゼロへ、必要なときに預けられる環境

先輩ママからのアドバイスをもらい、まだお腹の大きい頃から区役所へ相談に行き、保活を始めました。
自転車で通える範囲ならと第20候補まで提出。が、保育園に落ち、待機児童に。泣きながら区役所に電話をし、子どもを抱えながら認可外保育園や隣接区の認証保育園へ入園申し込みをしました。
認可と認証の共通申し込みなら保活も軽減されます。子どもを抱えながら話を聞くのは本当に大変でした。区役所内に一時預かり保育所があれば、どんなに助かるでしょうか。

  • 認証保育所の共通申込による手続きの簡素化
  • 保育所待機児童ゼロ、学童クラブ待機児童ゼロ
  • 家族の入院や出産等による「緊急保育」の制度拡大
  • 病児保育、病児後保育の整備、拡大
  • 求職中の保護者も入れる保育園待機児童対策
  • 区役所内に一時預かり保育所
子育て世代の助成拡大

子育て世代の助成拡大

初めての妊娠・出産で、産むまでにかなりのお金がかかることを知りました。ずっと出産育児一時金ですべてまかなえると勝手に思っていたのです。妊婦健診費用補助以外の実費もかなり多く、分娩費用も高額。
中央区では聖路加病院しか分娩できず、私たち家族にはかなりの予算オーバー。家から近い聖路加病院を諦め、隣接区の産院でお産をしました。
港区では、出産費用から出産育児一時金を差し引いた額を上限60万円まで助成してくれます。中央区も取り入れるべき助成制度です。
子どもを望むとき、不妊治療には高額な費用がかかります。私は23歳で若くして結婚しましたが、流産などを経験し、悩んだ時期もありました。1人目は自然妊娠で授かっても、2人目を希望した時に悩むケースも近年増えてきています。
中央区では東京都の特定不妊治療費助成事業の交付がないと助成対象にはなりません。所得や年齢の関係ない不妊治療費助成の確立を目指します。

  • 妊婦健診・出産費用の助成
  • 不妊治療費用の助成拡充
  • 出産時など必要なときに、近くに頼れる親族がいない家庭への個別支援事業の充実
ぼっちママにならないために…

ぼっちママにならないために…

中央区には子育て交流サロン「あかちゃん天国」があり、私も大変お世話になりました。私はずっとその存在を知らず、息子が10ヶ月頃に初めて存在を知りました。
私はママ友の作り方が分からず、悩んでいた時期が長くありました。もっと早く知っていれば…と後悔しました。
「あかちゃん天国」を知り、たくさんのママたちと話す機会が増え、保活の情報など区役所やネットでは分からなかった情報を知り得ることも出来ました。もっと子育て交流の場を増やすとともに、認知していただく機会も必要だと思います。
仕事に復帰し、ママ友との交流はほとんど無くなりました。保育園が同じママとは送り迎えの時に挨拶を交わす程度…。働くママ向けにも、土日祝開催の交流の場も必要だと思います。
共働き家族が多いなか、区が行う健診日が平日しか実施しておらず、仕事を休まなくてはなりません。共働き家族の子ども向けに定期健診の土日実施も必要だと思います。

  • 子育て情報共有、ぼっちママ対策
  • 定期健診の土日実施
  • プレイパーク、子どもの遊び場の整備
  • 地域のつながり 町会自治会の組織力・加入率の向上
27才 新米ママの中央区防災計画

27才 新米ママの中央区防災計画

東京では、震度7クラスの直下型地震など、災害のリスクがあります。
私は特に災害弱者(子ども、妊産婦、高齢者、障がい者、病弱者など)のための防災対策、早めの避難計画を率先して準備したいと思います。

  • 在宅避難用の備蓄品の無料配布
  • 液体ミルクなど乳幼児向け備蓄の強化
  • あかちゃんとママを守る防災ノート・中央区版の作成と無料配布
  • ひとり暮らしの高齢者のケア
  • 災害時の旅館・ホテルの活用

PROFILEプロフィール

かじがや優香
生年月日1991(平成3)年 6月15日
自宅中央区佃
家族夫(夫の母は佃生まれ佃育ち)
息子(もうすぐ2歳のイヤイヤ期真っ只中)
学歴中央区立久松小学校卒業
共立女子中学高等学校卒業
共立女子大学国際学部中退
好きな食べ物チョコレート・春巻き・ステーキ・とんかつ
趣味育児絵日記本を読む、DVD鑑賞

経歴

2013年4月~不動産会社勤務
2015年5月~国会議員秘書

応援メッセージ

蓮舫

立憲民主党参議院議員 蓮舫

かじがや優香さん!中央区で挑戦する新たな仲間です。議員秘書経験と子育て経験を活かしてほしいと思っております。
27歳・新米ママのチャレンジにエールを送ります!

松尾あきひろ

立憲民主党東京都第2区総支部長 松尾あきひろ

かじがや優香さんは、幼少期から中央区で過ごしてきました。自ら子育てをしながら、自分と同じ苦しい思いを繰り返してはいけないと考え、中央区政に挑戦します。
平成生まれ、若い世代の代表として想いを背負い、先頭に立って、中央区を必ず変えてくれると期待しています。

OFFICE事務所

かじがや優香事務所

〒103-8790
中央区日本橋兜町20-5 八千代ビル8階
TEL:080-7139-0615

Donation個人献金のお願い

政治の活性化、議会制民主主義の健全な発展のため、皆様方からのご支援を広く募ってまいりたいと思います。
皆さまのご支援をお待ちしております。

政治資金規正法により定められておりますこと、以下記載させていただきます。

  1. 本人名義以外の名義や匿名による寄付は禁止されていますので、会計帳簿に氏名、住所、職業を記載させていただきます。
  2. 5万円を超える寄付をいただいた場合は、選挙管理委員会に提出する収支報告書に氏名、住所、職業を記載する必要がありますのでご了承ください。
  3. 同一受領者への個人寄付の年間限度額は150万円です。
  4. 外国人(日本国籍をもたない方)から政治活動に関する寄付をいただくことは禁止されています。
  5. 2,000円を超える寄付額が対象で、確定申告をすることにより所得控除を受けることができます。控除を受けるためには、収支報告書に氏名、住所、職業を記載して「寄附金(税額)控除のための書類」の交付を受けることが必要になります。
※「寄附金(税額)控除のための書類」の交付は選管等の確認を経て交付されるため、確定申告の期限に間に合わないことがあります。その場合は、まず領収書で確定申告を行い、後から送付する正式書類を追加提出していただくことになります。ご了承ください。

以上ご了承いただける方は「上記注意事項に同意します。」にチェックをつけて頂くとお申込みフォームが表示されます。

CONTACTお問い合わせ